JCルーム浅利分室のご案内

JCroom浅利分室

JCルーム浅利分室とは

アサリハウスに、江津JCメンバーであれば、誰でも、24時間、WiFi、電源を【無料】で利用できる2部屋をご用意しました。(この取り組みの背景と想いはページ後半に記載しています)

利用方法

■利用者(グループの場合は代表者)が、予約システム(ここをクリック)から空き状況をご確認の上、必ず予約してからご利用ください。

■利用者による自主管理方式での運営、予約確定・キャンセル等のご連絡はいたしません。

【予約システムのイメージショット】

スクリーンショット 2017-03-17 20.49.59

 

■利用当日、お帰りになる際に「利用記録簿」への記入をお願いします。忘れ物があった場合はこの記録簿を頼りにご連絡します。


<利用可能スペース>

■母屋北側の10.5畳(6畳+4.5畳の続き間)

早朝でも深夜でも、ゲストハウスの玄関を通らず、前庭から直接部屋に入ることができます

 

<利用条件>

■江津JCの現役会員であること

会員以外が参加するイベント等を開催したい場合は、シェアスペースサービス(有料)をご利用ください

■利用目的は、委員会活動、スタッフ会活動、個人的な勉強、個人的な作業とする

■24時間利用可能・時間無制限

早朝・深夜に近所迷惑となる行為はしないこと

■ゴミは各自持ち帰ること

■全館禁煙(Smoking Areaは外トイレ横)

■建物内や駐車場でアサリハウスのお客様に会った際には微笑むこと

 

<無料で利用できる設備・備品>

■座卓

■座布団

■光ファイバー高速インターネット(WiFi)

■電源(延長コードは5個口 x 3m x 2本)

■石油ファンヒーター(冬季)

■扇風機(夏季)

■トイレ

 

<有料で利用できる設備・備品:全て利用1回あたり500円>

*ご利用になる際は、予約入力後にオーナー江上までご連絡ください(普段は別の場所にて保管しているため)

*お金は寸志ボックスへ直接投入ください

■液晶モニター(60インチ、32インチ)

■プロジェクター

■ホワイトボード

 

—————————

その他、ご不明な点がありましたら、オーナー江上までお問い合わせください
TEL 090-5862-0555 or Facebook Messenger

 

—————————

予約システムURL

http://www.r326.com/b/main.aspx?id=jcroom_asari

 

FullSizeRender 5

 

 

 

 

 

 

 

FullSizeRender 4

 

 

 

 

 

 

 

 

FullSizeRender 2

 

 

 

 

 

 

 

この取り組みをはじめる背景と想い

江津JCの皆さん、アサリハウスオーナーの江上です。

私は、2016年春に東京から江津市浅利町へIターン移住しました。今は、ビジネスコンサルティング会社、農業生産法人、そしてこのアサリハウスという複合型ゲストハウスの運営事業会社を経営しています。アサリハウスは、2017年度専務理事の平下茂親氏も経営陣に参画していただいています。

江津JCでの活動は、2016年6月からです。入会初年度は、会社の立ち上げと地域に溶け込むことでバタバタしながらも、祭委員会に所属させていただきました。事業が軌道に乗り始めた最近は、平日夜と土日は、ほとんどゲストハウスの運営(お泊まりのお客様対応やイベント開催等)のため、情報委員会活動や各種事業(PR活動やイベント)に参加することができていません。ゲストハウスは、オーナーのキャラクターがコンテンツ(スナックで言えばママのようなポジション)ですので、頻繁に休業することも難しいわけです。平日昼間の時間帯であれば、どうにでも調整できるのですが。。。

さて、物理的な時間確保が困難な状況で「JC活動に参加できていない」「貢献できていない」という悔しい想いが日に日に増しています。私は今39歳ですので、今年度で卒業、活動する期間が数ヶ月しか残されていない私が、本業とのバランスをとりながらどのような貢献ができるのかを考えました。

幸いにも、ゲストハウスというところは、空間をビジネスの資源としています。延べ500平米の古民家のなかで使っていない空間をそのままの状態にしておくのはもったいない、ことに気がつきました。一方、会員拡大の勢いが増すなか、「商工会議所のJCルーム」や「パレットごうつ」という場所だけでは、不足していることも明らかです。ここでアサリハウスという私自身が運営する空間を提供することは、きっと会員の皆さんにとって、大きなプラスになると信じています。駐車場・WiFi・電源を全て無料で使えるようにしました。(私も、情報委員会でパレットごうつを利用することがあります。一番議論が盛り上がる22時ごろに、ホタルの光が流れるって、ちょっと切ないですよね。。。笑)

きっと、なぜそんな儲からないことをわざわざするのだ?と不思議に思う方もいらっしゃるはずです。アサリハウスというビジネスをする私にとってのメリット、実はあるのです。そもそも私は、「江津を賑やかにする」ということをテーマに、社会起業家として生きていくことを宣言し、東京からIターン移住してきました。イノベーションマネジメントという手法を使い、地域の豊かな社会の創出に寄与したいと願っています。イノベーションマネジメントというと難しい言葉のように思いますが、つまりは「人と人のコミュニケーションをどれだけ活発化できるか、どのように促進するか」ということに尽きます。アイデアは人との交わりによって生まれます。もっと簡単に言えば「場を創る」ということが最も大事なのです。地域をより豊かにしたいと願う熱意のある若者・有志たちが、何の気兼ねもなく、集まれる場を創りたいのです。それが今回の取り組みを実行することで実現できるのではないかと思っています。夢に実現に皆さんにも参加してもらえたら、これほど嬉しいことはありません。ただそれだけです。

どうか、JCルーム浅利分室を使い倒してください。宜しくお願いします。

アサリハウスオーナー 江上

===追記===

「JCルーム浅利分室」というネーミングについては、分かりやすいさを重視し、理事会の皆様にご相談のうえ使用させていただいております。JCの会計から何かしらの資金が入ることは一切ありません。